2008年05月13日

☆太郎の想い出☆

太郎 がいなくなって2日経ちました。
少し 太郎 のお話をします。。
(いまだ引きずっております;;;)

これまで、たくさんの小鳥を飼ってきました。
みんなとても可愛くて よく懐いていて それぞれ個性があり
どの子も思い出深いのですが。。。
私の中で、特に強烈なインパクトがあったのは、太郎 なのです。。。

どちらかと言えば、私はインコ派だと思っていました。
いや、たぶん今でもインコ派です。 これは間違いないです。
文鳥は “鳴き声が静か” という、ただそれだけの理由で飼い始めました。
集合住宅ならではの、周りに配慮した考えでした。

以前にも、文鳥は3羽ほど経験がありましたが、“インコほど馴れないなぁ”という印象でした。
よく馴れていても、インコに比べたら面白みに欠ける…みたいな感じです。
しかし、太郎を迎えてから、その文鳥のイメージが180度変わりました!

まずはトイレです。
トイレを教えたわけではありませんが、偶然そこでしたときに、
「いい子だね〜」 と褒めてあげたのがキッカケだったのかも知れません。。。

太郎11.JPG
↑ ゴミ箱の縁です。 1歳くらいの頃からココでフンをするようになりました。
太郎はどういうわけか…自分のウンPが恐いらしく、ウンPをしたあと必ず振り返り
モノを確認し、後ずさりしながら徐々に離れていきます。。
食べてみたらマズかったとか、踏んづけて気持ち悪かったとか。。
何かトラウマでもあるのでしょうか? 面白い行動でした。

何年間か、ケージの入り口を24時間開けぱなしの時期があり。。。
部屋の窓を開けると自分からケージに非難したり。。(外が恐い?)
私が着替えると、出掛けるのを察知してケージに戻ったり。。
私が外出中は、絶対にケージから出ない…など。。
本当に手のかからない子でした。
インコも結構、出掛けるのが分かる子いましたね。
でも、インコたちはそろって騒ぐのです。
「行かないで〜」 なのか、「連れてって〜」 なのか分かりませんが、とにかくうるさいです;
太郎は本当にお留守番が上手でした。。。

嫉妬もすごかったです。。
10年も一緒にいれば色々あります。。。(-_-;)
この10年、私の部屋を訪れる男性が何人かいたわけですが。。
太郎は爪切りのとき以外は ほとんど噛まない子だったんですけど、
私の彼氏には容赦なく噛みまくりました;
女の子の友だちには噛んだことないんですけどねぇ、、、;
太郎は私のことを、母…または 彼女 って思ってたんでしょうね。
必死で私を守ろうとしていたのだと思います。
勇敢でしたよぉ〜(^^;)
本気で噛んでたみたいなので、相当痛かったのだと思います。
噛まれた方々…すみませんでした…(-_-;)

そんなこともあり、太郎は鳥以上の存在でしたね。
人間並の感情を持っていたんじゃないかと思います。
太郎と出会ったペットショップで、あの時、直感で “運命” を感じたのは確かです。

太郎2.JPG
↑ PCをいじっていると、ここで寝ようとします。。
くり とは逆ですね。 くり は手の中にもぐってきますがww
タイピング中も、落ちないようにヨロヨロしながら踏ん張ってる姿が可愛かったです(^^)


taro 008.jpg

↑ 最後に撮った写真です。。。
1ヶ月くらい前に撮りました。
夏になると、暑さに弱い ピコリン(チンチラ)のために、
外出中もエアコンをつけっぱなしにしてるのですが。。。
今年は、太郎が寒すぎないように 設定温度を上げなきゃなぁ…とか、色々考えていました。
もう少し、一緒に居れると思ってたんですけどね。。。
あ、でも!
まだ今でも太郎の鳴き声が聞けるんですよ!
くり がモノマネしてくれるんですw
くり のモノマネは、あんまり似てないんですが…(^^;)
太郎のマネだけはそっくりなんです! 
太郎が居るうちは、似すぎてて気付かなかったのかも知れません。。
いなくなってみて、「こんなに似てたんだぁ〜」 と改めて思いました。。。
そろそろ くり のお嫁さんでも探そっかなぁ?? (^^;)

posted by sumi at 12:53| ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10年って長いですよね〜
本当に人間の生活だって10年も立つとすごくかわるんだから。
でも、太郎ちゃんは本当に賢い子だったのね。
sumiちゃんを彼女と思っていたのは間違いないわ!
それにしても、彼氏も災難だったわね。
かまれた人はsumiちゃん宅でのデートは嫌がったんじゃないの?(笑

そうね。くりちゃんがいてくれてよかったね。
太郎ちゃんの声も引き続き聞けるし、sumiちゃんも寂しくないでしょ(*^^*)
Posted by まる at 2008年05月13日 21:26
書き忘れです〜

手の上で顔を傾けている太郎ちゃん。
むっちゃかわいいです(*^^*)
私はこの写真が一番いいかな?

でも。sumiちゃん。
手を見るとやっぱり。。。
ごんちゃんから聞いている歳より相当若いと見たわ!
Posted by at 2008年05月13日 21:29

おはようございます。。。
7年くらい前ですかね。
その頃付き合ってた人と一緒に暮らすことになり、
まず最初に言われたのが、「太郎、カゴに入れて」でした。
いつも自由にさせてたのが気に入らなかったみたいです。
てか、太郎が恐かったみたいですw 噛まれて流血してましたからね。。
私はほとんど噛まれたことがなかったから、凶暴な太郎を知ってビックリしたんです。
彼の言う通りに太郎をケージに閉じ込めました。仕方なかったです。
それから数ヶ月、彼がいないときしか遊んであげられなくなり、ストレス溜まったと思います;
たぶん、太郎のことキライだったと思いますよ?
ハッキリは言いませんでしたけど。。w

マメルリハは前から欲しかったんですが、飼うのを決めたキッカケは。。
太郎が長くない…って思うようになってからです。
太郎が死んだあとのことを考えると、すごく恐かったんですよ〜;立ち直れるかな…って。
今は、くりを迎えられて良かったと思ってます!
太郎が入ってないケージを見る度に切なくなりますが、
その切ない想いを吹き飛ばしてくれるのが くり です。
変な歌唄ったり、変なおしゃべりしたり…毎日笑わせてもらってます(^^)

手の甲で眠る太郎はすごく可愛かったです。
作業するのに邪魔でしたが、一生懸命落ちないようにしてるのでそのままにしてました。
「噛まない」 「フンをしない」 という点が、放し飼いに適していたと思います。

私の手は、ごっつくてオッサンのような手だってよく言われますょ?w
だから鳥が小さく見えるでしょ?(^^;)
アレ?私、ごんじさんに歳言ったかなぁ??
たぶん言ってないと思います。。「オバチャン」とは言った気がしますがw
頭禿げ気味なのもホントだしッ♪
Posted by sumi at 2008年05月14日 11:35
sumiちゃん。

太郎ちゃん逝っちゃった?
10年は長いよね。
辛いけど運命です、文鳥にとっては大往生でしょ。
鳥を飼う以上避けてはいけないところですよ、寂しいのは分かるけど引きずらない事です。

辛い顔しているところには辛い事が集まってきます。
笑顔でいれば人が集まります。
そんなsumiちゃんでいてください。

合掌
Posted by ごんじ at 2008年05月15日 00:20

ごんじさん。おはようございます。。。
そうなんです。太郎はいなくなっちゃったんですが。。
くり と ピコリン がいるから寂しくないですよっ!
犬や猫もそうだけど、ペットが人間に与えてくれるものってすごいですね。
いなくなって尚更実感しました。
ただでさえ、短い一生なのに、病気などで早くに死なせてしまうと
本当に申しわけなく思ってしまいますが。。
ここまで長生きしてくれると、“飼って良かった” と心から思えます!
今は、太郎に対して感謝の気持ちでいっぱいです。

ところでごんじさん…。
もう少ししたら、鳥さん欲しいなぁ〜…なんて考えてるわけですが。。
マメルリハと文鳥で迷ってます;;
両方!って手もありますね。 でも、スペースがないのでどちらかですね〜;
ごんじさんトコのマメちゃんは、今何羽孵ってますか?
HPは毎日チェックしてますので。。小まめにマメちゃん情報お願いします♪
(^^;)。。。
Posted by sumi at 2008年05月15日 09:34


sumiちゃん。
あのね。まずはマメちゃんをもう一羽お迎えして、その子がクリちゃんと同居できるようになったら、文鳥さんをお迎えすればいいと思うよ。
ね!完璧な計画でしょう〜(*^_^*)
Posted by まる at 2008年05月15日 12:56

おお〜!まるさん…あったまイイ〜〜♪
そうですよね〜。それがいちばんいい方法ですね!
くり…ちゃんと仲良くなってくれるんでしょうか?それが心配です。
やっぱり女の子のほうがいいですよね?繁殖の予定はないけど
気が変わるかも知れないし。。。
でも、マメルリハって♂のが綺麗じゃないですかぁ。。♂同士でも仲良くなりますかね?
はぁぁ、悩みます、、、(-_-;)
文鳥も捨てがたい。(シルバー文鳥欲しい!)
Posted by sumi at 2008年05月15日 14:23
そうよ。sumiちゃん。私は頭がいいの。というより悪知恵が働くんですのよ〜
いかに限られた条件で楽しめるかを追求しないとね〜(^^)

でもやっぱり♂♀の方がずっと一緒にいられるんじゃないのかな〜
♂同士だと大人になると縄張り争いする確率が高くなりそう(^^;
この辺はごんじ先生にお聞きしましょうかね(^^)
Posted by まる at 2008年05月15日 18:36

やっぱり♀のがいいですかぁ〜。。。
昔、セキセイの繁殖してた頃、結構お見合いに失敗してるんですよね;
鳥も相性が合わないと、同居させるの難しいですからね〜。
鳥って、色の認識できますよね?
くりに似た色のがいいのかなぁ?違う色の子が欲しいんですが。。
くりは鏡の自分にごはんをあげようとするので、似た色なら仲良くなってくれそうですが。。
太郎が白だったから、白い子見たら攻撃しそうで恐いです(-_-;)
悩みます〜〜〜;;;
Posted by sumi at 2008年05月16日 14:55


ん〜〜。マメちゃんも好き嫌いがはっきりしてるって聞くからね〜
相性が良くないと流血ざたになるらしいわよ。
でも小さいうちの方がペアになりやすんじゃないかな〜?
難しいね。お見合いができると一番いいんだけどね。
気の会う子だとすぐにカキカキしあうらしいわよ。
ってすべてマメ吉さんからの受け売りだけど(笑

ごんちゃんのところにクリちゃんをお泊りさせてお嫁さん探しをしてもらうのがいいんじゃないの?(*^^*)
Posted by まる at 2008年05月16日 20:20

くりが他の子と仲良くしてる姿を見たい反面。。
流血ざたになるのは見たくないし〜〜(-_-;) 難しいですねぇ。。

昨日、色んなサイトを見ていたら、
マメでもなく、文鳥でもなく、全く考えていなかった子が気になってきちゃって。。
スペースがないから失敗は許されないので 慎重に。。
じっくりゆっくり考えていきたいと思います;
・・・って、あの子がいい、この子がいい…って考えてるときが
いちばん楽しいのかも知れませんネッ☆
Posted by sumi at 2008年05月18日 04:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。