2008年12月10日

☆病院へ@その3☆

今日、くりはなを連れて病院へ行ってきました。。。
またくりの嘴が伸びてきちゃったんですよねぇ〜。。。(;´_`;) 薬も切れちゃったし。
う〜〜〜ん。。このままずっと伸び続けてしまうんでしょうかぁぁ?(ノ_・。)
先生は、「徐々に治ってくると思いますよ・・・」 と言ってくれましたが、不安です。。。
体重も落ちたまま戻ってくれないしなぁ;;;

最初、くりの嘴のトリミングをしていただき、ついでにはなの嘴もやってもらいました。
すると先生が、 「やっぱりこっち(はな)のはかたいな」 と言いました。
くりの嘴を磨きながら、 「なんか柔らかいというか…」 とブツブツ言っていたんですよね。
やっぱり病鳥の嘴は、触っただけでも硬さの違いが分かるみたいですね。
ビタミンやらカルシウムの補強のためのお薬を処方してもらって帰ってきました。。。

kurihana 012.jpg

↑ チョット前の画像ですが。。。
くりが水浴びしてるトコロにはなが近付いてきて、自分も水浴びモードになってしまったはな
このあとくりに怒られてました(^^;)


*****
病院の先生の余談です。
つい最近、マメルリハの患者さんがいらしたそうで。。
その子がめっちゃおしゃべり上手な子でビックリしたそうです!
てか、病院に来たら知らない環境で緊張しておしゃべりどころではないような気がするんですが。
そのマメちゃんは感心するくらいしゃべりまくってたらしいです。
私が、「うちは口笛で教えたホーホケキョとかは上手にできますが、言葉はイマイチなんです」
と言うと、そのマメちゃんは本当にハッキリしゃべるそうで。。
長い歌も上手に歌ってたとか。。 
思わず見てみたくなりました。
くりも何かしゃべってはいますが、ハッキリ聞き取れないんですよね。。
その子の飼い主さんも一生懸命教えたんでしょうね。 興味津々です(^^)
いつか病院でバッタリお会いしたいです。。。
先生も、「こんな小さな鳥があんなにしゃべれるとなると、最近のマメルリハ人気も納得できる。
色変わりも増えてきたからこれからどんどん人気が出るでしょうね」
と言っていました。
診察していて、ここ数年でマメに接する機会が多くなったとか。
5年くらい前はまだ珍しくて、飼ってる人も少なかったらしいですね。
世に広まってきたので嬉しい(?)ようなことを言っていました。。
もしやあの先生は…隠れマメファン(?!) なのかな??w
posted by sumi at 16:36| 🌁| Comment(2) | くり&はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。