2012年12月30日

あおちゃん。。。


久しぶりの更新になります。。。
2年以上もサボってました。
その間に色々なことがありました。。

去年の10月17日、約2年間の闘病の末、ピコリン(チンチラ♀)が亡くなりました;
pico2.jpg


今年の5月2日、朝仕事から帰ると、はな(マメルリハ♀)が亡くなっていました。。。
前日まで元気だったので、全く原因不明で。。
しばらく辛かったです。。。
_0kqigqSDGIXHtP.jpg


はながいなくなってからは、もう生き物は増やすのやめよう。。って思ってたんですが、
ひとりになってしまった くり♂ が寂しそうにしていたので、新しく♀を迎えることにしたんです。。
それが7月の半ば頃でした。。。


某有名店で生後1ヶ月程で売られていた、ブルーファロー♀の あおちゃんです。。。
120717_094706.jpg


ところが、この子はとても病弱で、何度か死にかけたので無事に育つか心配だったのですが、
何度も危機を乗り越えて頑張って生きてきました。。。
120816_114856.jpg 120816_114730.jpg


でもやっぱりダメでした。。。><
本日12月30日、私の手の中で息を引き取りました。。。
わずか半年しか生きれなかったあおちゃん。。。
元気に年を越すことができませんでした。。。

121230_115244.jpg

“てんかん” みたいな症状があったんですよね。。
突然発作的に暴れて、そのあとは死んだようにグッタリと倒れて、
しばらくすると、何事もなかったかのようにゴハンを食べ始めたり。。
今回もまた、いつものように動き出すのかと思ったら、そのまま動かなかったんです;;
何度も呼んで、体をマッサージしてみたけどダメでした;;;
きっと先天的なものだったんだと思うけど、あまりにもあっけなく逝ってしまって。。
今にも動き出すんじゃないかって思えて仕方ありませんが。。。><

昨夜、深夜0時を回っても、いつまでも “外に出たい!” とアピールしてたあおちゃん。。
『また明日ね』 と言って、無理やり寝かしつけてしまったけど、
今思えば、あんな時間に出たがるなんて普通じゃなかった! と、今さら思う飼い主です(-_-;)

DSCN0185.JPG
お気に入りのカゴの中で。。。



**********

 ★1週間ほど前、くり♂ は5歳になりました。。。
111014_220158.jpg


posted by sumi at 13:40| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

☆飛べるようになった☆

久しぶりに くり♂ と はな♀ の2ショットを撮りました。。。
遊び疲れて私の手の中でまったりする くり を追って はな もやってきて一緒に寝てしまったトコです。
カメラを向けたら起きてしまいましたが。。
おとなしくして膨らんでる姿はホントに癒されます。

kurihana33.jpg

ボロボロだった はな の羽が、いつの間にか生え換わって すっかり飛べるようになっていました。
それでも はな は飛べることに気付いてなかったみたいで。。
飛べなくなって約半年間、ドコに行くでもトコトコと歩いて移動していました。
もう飛べるんじゃ?…って思って、少し離れたトコから手を出して呼んでみたら
普通に飛んできました。。w
はな自身も、 “あれ?飛べるじゃん” って感じでビックリしていましたが。。
徒歩移動に慣れてしまった はな は今日も歩きまくっていました。。(^^)


posted by sumi at 15:01| ☔| Comment(2) | くり&はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

☆被害者?!☆

ピコリン(チンチラ♀)が病気になったことで、生活のサイクルが狂ってしまったのは
私だけではなかったようで。。
鳥さんたちにも影響がありました。。。

最初、強制給餌のコツが分からず、とにかく時間をかけて苦戦していました。
当然、その間は鳥さんたちの世話がおろそかになり、放鳥する時間がなかなか取れず
全くと言っていいほど構ってあげられませんでした。。
強制給餌から3週間ほど経ったある日、はな♀ の異変に気付きました。。(-_-;)

09-07-24_13-13.jpg

↑ その頃の はな の様子。。
羽がボロボロで。。全く飛べない鳥になっていました(-_-;)
一見、芸術的な作品に見えますが。。鳥にとっては深刻な問題だと思います;
毎日部屋の中を飛び回っていたのに、突然出してもらえなくなって。。
ストレスが溜まってしまったみたいです。。
自分で羽をボキボキに折って、最終的にはすべてちぎってしまいました;
飛べなくなったということもあり、はな のケージの入り口を洗濯バサミで固定して開放し、
24時間放し飼い。。というような状態にしてみたところ、
好きなときに外に出て、帰りたくなったら勝手にケージに戻る。。というような形になったので
しばらくそのまま自由にさせてみました。
11月に入った頃、またしても異変が!!!

自由になったのに、なかなかケージから出てこなくなり、やっと出てきた。。と思ったら大きな糞をして…
完全に発情してしまっていました。
11月11日頃、1個目の卵を産みました。場所はケージの床です。
それから1日おきに計4個の卵を産み、大事に温めていました(-_-;)
くり♂ とは別々に入れていたので、無精卵なわけですが。。
とても大事に抱いていたので、取り上げるのが可哀相でしたが没収しました;
突然放鳥しなくなったり、突然自由になったり。。
環境の変化がホルモンバランスまで狂わせるのですね。。
まぁ、いいお年頃なので勝手に産気づくのも珍しくないのかも知れませんが。。
はな は意外とデリケートな女の子でした。。というお話です(^^;)

posted by sumi at 16:33| ☀| Comment(0) | はな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

☆…新年のご挨拶…☆

遅くなりましたが。。

明けましておめでとうございます。。。(^^;)

なんだかんだで、また4ヶ月ほど放置してしまいましたネあせあせ(飛び散る汗)
年が明けて早々に風邪をひきまして。。
ようやく元気になってきたところです;;;

気になる ピコリン(チンチラ♀)の容態なんですが。。。
相変わらずペレットその他を食べることができませんが、ケージから脱走するほど元気になりました♪
半年前の瀕死の状態からしたら、比べようのないくらいの回復ぶりです。
これでエサを自分で食べてくれたら言うことないんですけどネ。
今だにドロドロのエサを注射器に入れて強制給餌していますが。。
さすがに半年も続けていたら慣れてきて、生活の一部になりつつあります。
最初は1日3回の強制給餌で、毎日睡眠不足でヘトヘトでしたが(暑かったし…)
今は1日2回で、大分楽になりました。
ピコリンが嫌がるときは、ムリに食べさせないようにしたり色々工夫して時間短縮できました。

今後、病院に連れて行こうか迷うとこですが。。
お金に余裕ないし。。(-_-;)
とりあえずピコリンが元気なのでしばらくこのまま様子みます。。
以前に比べたら呼吸音も良くなったのですが、まだたまに苦しそうなときがあります;


↓ 古い画像ですが。。(夏頃)
具合の悪いピコリンを心配して(?)、くり♂がピコリンに接近していくとピコリンも寄って来て…

09-08-18_15-53.jpg 09-08-18_16-02.jpg

この2人…この日が初接近だったので、非常にドキドキしましたが。。
お互いに怖がるコトなく平和な感じでした;;;
4枚目は、何故かピコリンが くり に毛繕いを要求してるとこです;

09-08-18_16-02~01.jpg 09-08-18_16-03.jpg

さすがに毛繕いまではしてあげてなかったけど、このあと くり がピコリンの背中に飛び乗って、
ビックリしたピコリンが、くり を乗せたまま走る…というハプニングがありました(^^;)
馬に乗ってるみたいで面白かったんですが、せっかくのシャッターチャンスだったのに何もできない飼い主(-_-;)
いちばんビビってたのは私だったみたいです;;;


posted by sumi at 17:00| ☀| Comment(3) | ピコリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

☆介護生活☆

久しぶりの更新です。。。(^^;)

実は色々ありまして。。
チンチラ♀のピコリンが病気になってしまい…介護に追われておりました。

病状が出始めたのは約3ヶ月前の6月中旬頃でした。。
最初は呼吸音がおかしくなり、たまに「ブーブー」言い出しました。
風邪でもひいたかな??…と、それほど気にしてなかったんですが。。
6月の終わり頃になると、エサをほとんど受け付けなくなり、水も飲んでない様子だったので
ヤバイと思い、病院に連れて行くことにしました。

ところが。。。
いざ病院を探してみると、近所にチンチラを診てくれる病院がないという現実に驚きました;
いや、あるにはあるんですよ?
以前行っていた病院では、担当の先生が実際にチンチラを飼ってらして、信頼してたんですが。。
次に行ったら、もうその先生は辞めてしまっていて、院長先生に診てもらったんですが、
あまりにもチンチラのことを知らなさすぎて唖然としたものです。
それっきりその病院には行きませんでした。
あいにくピコリンも健康だったので病院とは無縁だったのです。。

しかし、今回の症状は深刻らしく、電話で症状を伝えただけで受診拒否されてしまって
やっと診てくれる病院を見つけ、行ってみると、診察はしてくれたものの「うちでは治療できません」
と、都内の遠い病院を紹介され。。たらい回し状態です;;;
「治療できない」と言われた病院では、ちゃっかし12000円ほど取られました。
薬も何もくれなかったくせに!

車もないし、あまり遠いとピコリンに負担がかかるので、もう少し近場で探してみましたが、
病院のHPの 「診療対象動物」 の中に、“チンチラ” と書いてあっても、
電話で症状を伝えると拒否されてしまうのです;
おそらく、食欲不振だけなら診てくれるが、呼吸に異常があるために末期と判断されてしまったようです;

放っておいてもどんどん衰弱してしまうだけだし、遠いけど電車で都内の病院に行ってきました。
手前の臼歯が伸びていたとかで、無麻酔でカットしてもらったら、少し元気になり、
それでもエサを食べれないので、ふやかしてペースト状にしたエサをシリンジ(注射器)で
強制給餌をしなければならなくて、しばらく(1ヶ月くらい?)それを続けていました。。

しかしまた元気がなくなり、呼吸音は相変わらず変で、おまけにお腹にガスが溜まってきて
パンパンに張ってしまい、糞もしなくなって更に衰弱してしまいました(-_-;)
このままでは死んでしまうと思い、再び病院へ連れていくと、即入院になってしまいました。。

3日後、迎えに行くと。。容態はちっとも良くなっておらず。。
先生が言うには。。レントゲンで肺と器官に影があり、それが原因で呼吸音の異常が出て、
ヨダレも出ているので奥の臼歯も伸びてる可能性があるが、奥の臼歯の治療には麻酔が必要だが、
呼吸を正常に戻さないと麻酔はかけられない とのことでした。
だからと言って。。
原因がわからない呼吸困難をどうやって治すのか。。
またいつまで入院すればいいのか。。
7月1ヶ月間の治療費が10万を超えていました。。。(-_-;)
このままでは私が破産してしまって、治療どころではなくなってしまうのと、
ピコリンの容態が変わっていなかったので、強制的に連れて帰ってきてしまいました;;;

あれから1ヶ月以上経ちましたが。。
ピコリンは相変わらず…呼吸に異常があり、エサは全く食べておらず。。
強制給餌も3ヶ月目に入りました。。(-_-;)
お腹のガスは自然に抜け、普段は元気があります。
強制給餌は1日2回あげていましたが、それだとどんどん体重が減っていってしまうので
現在は3回与えています。
1度の給餌にかかる時間は、30分〜2時間です(-_-;)
その時の体調やお腹の空き具合でなかなか食べてくれないこともあって最初は苦戦しました;
睡眠時間は平均2時間くらいになってしまい、休みの日も、エサの時間には目覚ましをかけて
ゴハンを食べさせてきましたが。。たまに寝過ごしてしまい、1日2回の給餌になると
体重が10gくらい減ってしまうのです;
元気な頃は730gほどあった体重が。。今は500gを切ってしまい、
これ以上減らすことは出来ないのです。。
1日3回の給餌で、なんとか現状維持って感じです。

いつまでこの状態が続くのでしょうか。。
原因をつきとめ、治療しない限り一生続くような気がします。
かと言って、自分の収入に対して割の合わない通院(入院)を続ける自信もありません。
とりあえず、今は元気になったので、このまま強制給餌を続けるつもりですが。。。

09-08-16_20-51.jpg
↑ 超・具合が悪いときのピコリン。。
私の膝の上に乗ろうとしているところです。

09-08-16_20-40.jpg
↑ 膝の上でうずくまるピコリン。
てか、足が太くてスミマセン、、、(-_-;)


posted by sumi at 15:10| 🌁| Comment(6) | ピコリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。